メニュー
廃車処分のお手続きもカーシーにおまかせ
カーシーオススメ、お得な情報

お知らせ

4月開催!wishフォーラムin前沢のご案内

2017/03/16 14:00更新
CarSeeお薦めのwish製品は、現代社会に生きる人々に、いつまでも健康で長生きするために必要な栄養素は何かをお伝えしております。フォーラムに参加して健康寿命を延ばしましょう。

2017コアラクラブスプリングフェスタ開催!

2017/03/01 17:00更新
2017コアラクラブスプリングフェスタ開催!
ユーカリプランをご成約で、300名様に当たる!
総額300万円分山分けキャンペーンが開催されました。
この春、新車・中古車のご購入はコアラクラブユーカリプランでJCBギフトカード1万円分をGET!しましょう。
詳しくはこちらから

http://www.koalaclub.jp/cp2017/spring/

CarSeeお買い得特選車情報!

2017/02/20 10:00更新
スバルサンバートラックAWDのお買い得特選車のご案内です。

軽トラの乗り換えをご検討の方は、是非ご覧くださいませ。
営業日カレンダー
2017/03
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2017/04
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
2017/05
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
 は、「お休み」いたします。(その他は営業)
あなたの“今”を変える!屁理屈なしのビジネス戦略。
X社の陰謀
2017年02月20日 更新
ふたりのビジネスマンがいました。 彼らはふたりともよく似ていて、 見た目も、収入も、仕事内容もほとんど同じ。 通勤電車のルートさえも同じでした。 でも、違いもありました。 それは、片方のビジネスマンには 「稼ぐ力」がある、ということです。 なぜならそのビジネスマンは、 通勤電車の中で、あるいは空き時間を見つけては 紙や電子書籍を開いて読書をし、 新しいことをどんどん学んでいたからです。 ・経営 ・起業 ・マーケティング などの「専門書」を読んで勉強をしていたからです。 もう一方のビジネスマンは 通勤電車の中や空き時間で「何」をしていたか? それは、、、 スマホのゲーム SNS でした。 さて、この2人の「似ている」ビジネスマン。 1年後、2年後、3年後、、、 どれだけ差が付いていると思いますか? 結果は明らかじゃありませんか?? ・・・ これについて、 以前めっちゃムカつく情報が流れてきたことがあります。 とある経済界の大物とつながっている、 大手コンサル会社の裏ルートからの話… ケータイゲームを作っている会社や関連大企業の経営層が、 「バカにはゲームやらせときゃいいんだよ」 と言っていたそうです。 彼らは日本人がゲームに時間を費やせば 費やすほど儲かるわけですが、、、 一方、日本人はどんどん馬鹿になり、 それは日本の生産性を落とすことにつながります。 大企業の経営層である彼らは、 自分たちが生きている間に「いかに儲けるか」ということが 最大の関心事のようで、、、 彼らが作って広めたケータイゲームのせいで、 日本人がどれだけアホになるか。 将来の日本がどれだけ弱くなるか。 というようなことは何も考えていません。 どうでしょうか? ムカつきませんか? でも確かに、 スマホが登場する前は、 もっと電車の中で本を読んでる人が多かったように思います。 今はほとんどの人がスマホをいじっていて、 もちろん電子書籍を読んでるのではなく SNSで薄いコミュニケーションをしていたり ゲームをやったりしています。 そんなことをしていても、 一時の時間つぶしにはなりますが、 将来のために何の役にもたちません。。。 それに、 稼ぐ力、学ぶ力、 これを身につけるためには、 しっかりと濃い本をじっくり読む必要があると思っています。 【月刊ビジネス選書】というサービスで 「本格的な分厚いビジネス書」が多いのには、 そういう意味があります。 ゲームが100%悪いとか、 SNSをやるなとか、そこまで極端なことは思いません。 息抜きもたまには必要でしょうから。 ただ、 限られた時間を将来のためにどう有効に使うのか? この月刊ビジネス選書サービスを 日本中に広めることができれば、 日本のビジネスマンにそれを考えさせるきっかけに なるのではないでしょうか? ↓  
「「超」ぶっとび広告事例集」
2016年07月22日 更新
あなたが広告について 今まで学んだやり方は、 全部忘れてください… それは、チラシ作りの「プロ」とか、 集客「コンサルタント」とか、 マーケティングの「エキスパート」とかが 教えている王道で正統派で、しんどいやり方です。 というのも、、、 私はある本を読んで裏技を発見したからです。 これはとても楽しく、 簡単な上に(ときには30分もかからないこともあります) めちゃくちゃ売れるという「ぶっとんだ」方法です。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/N7aGkp9q/ うさん臭いと思いましたか? でも、この新刊本 『ビックリするほどよく売れる「超」ぶっとび広告事例集』は 各分野の世界的な有名人が絶賛しています。 その中には、 我らがダン・ケネディ 米国でトップ5に入る講演家 ”ブライアン・トレーシー”、 営業の神様”トム・ホプキンス” などがいます。 この本は、 マーケティングやセールスの世界的権威が 推薦する確かな1冊なのです… ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/N7aGkp9q/ PS これはテストマーケティングです。 うまくいかないと分かったら 即刻、販売を中止します。 実際、今まで出した本の内、 2冊に1冊程度は販売を中止していて、 二度と手に入らないようになっています。 ですので、もし興味があるなら、 今すぐチェックして下さい。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/N7aGkp9q/  

顧客の脳を支配する本
2016年07月11日 更新
「私たちの思考、感情、学習の95%は 意識されることなく生じている」 こう言ったのは、 ハーバード大学のマーケティング学の教授 ジェラルド・ザルトマンです。 人の脳というのは不思議なもので 普段私たちは頭を使って考えて 行動しているように思えますが、 実はほとんどの行動というのは 無意識の内になされています。 実際、朝起きて歯を磨き服を着て 会社に行く、、といった行動を 必死に考える人はいないでしょう。 つまり、好むと好まざるとにかかわらず 人の行動の95%は無意識のうちに 決定されているのです。 そして、この95%の無意識の力を マーケティングや広告・販売戦術に 活用することはできないのか? そう考えたのが、人気ブログ 「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」 の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。 ドゥーリーは、 カタログ販売のマーケターとして マーケティングの世界で頭角を現す一方、 脳科学や行動科学に興味を持つようになり、 独自に脳科学の最新知識を マーケティングの分野に活用した 「ニューロマーケティング」を研究。 この分野の第一人者となりました。 そして、ニューロマーケティングの 数々の研究結果をまとめたのが この脳と心の科学本 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 というわけです。 価格が脳に与える影響や 男性脳、女性脳の攻略法、 ケチな人に売る方法などなど、 目次を見るだけでも 心理学や行動科学を元にした 大変興味深い内容が満載なのが分かります。 私も読みましたが、 非常にオススメの本なので 是非、チェックしてみてください。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/Lcij7go5/  
「誰も言わなかったお金儲けのツボ」
2016年06月29日 更新
ビジネスで儲けを出すには どうすればいいのでしょうか? ・お客さんの数をもっと増やす ・購入頻度を上げてもらう ・経費を節約してコストを削減する どれも正しいですが儲けを出すために 一番大事なことはそこではありません。 では一体何が大事かと言うと、 それはできるだけ高く商品を売ることです。 もしあなたの商品を今の価格よりも、 高い価格で売ることができれば、 ビジネスは生まれかわります。 利益は何倍にもなるでしょう。 それを自分の収入としてもいいし、 その分、広告費などにも投資して もっと事業を拡大してもいいでしょう。 しかし、単に価格を高くするだけでは 売れにくくなってしまうだけです。 では高く売るにはどうすればいいのでしょうか? それがこの本 「世界一ずる賢い価格戦略」のテーマです。 この本には、 ・商品を高く売る秘訣 ・割引するときの見せ方 ・無料の使い方 ・不況下での価格戦略 などなど、 買う側の価格に対する心理を鋭く突いた 誰も言わなかったお金儲けのツボが書いてあります。 そして実はこの本には もっと大事なことが書いてあります。 それは価格を間違えると 商品は「売れない」ということ。 人は缶ジュースに1万円も出して 買ったりはしないように どれだけ付加価値を付けても 商品の価格を間違えてしまうと さっぱり売れないのです。 つまり価格ひとつでせっかくの商品を ダメにしてしまうことが多々あるわけです。 もし、自分の商品・サービスを もっと高い価格、本来の価値の分の価格 で売りたいと思うなら、この本は必読です。 http://directlink.jp/tracking/af/1444246/99YDG02L/ どういう商品がいくらで売れるのかを 事前に知っていれば利益を最大化するのも そう難しい話ではありません。 もしあなたが、 何かを売る仕事をしているなら、、 何か新しいビジネスを考えているなら、、 売っても売っても利益が出なくて困っているなら、、 オススメなので 是非チェックしてみてください。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/99YDG02L/ 

毎月継続課金の事業を始めたい人へ
2016年06月21日 更新
毎月自動的に流れ込んでくる継続した安定収入。 これがあればビジネスはおもいっきり変わります… 想像してみてください。 あなたが持っている会員制ビジネスから、 毎月毎月、安定した収入が入ってきます… たとえば2月1日の時点で。 3月1日の時点で。 その月にたとえ新規の顧客を一人も獲得できなくても、 一切の営業活動をしていなくて、 新しく1つも商品が売れなくても、 一定の収入がその月に入ってくることが すでに「約束」されている、 ということです。 それだけではありません。 来月も再来月も、 6ヶ月後であっても、、、 将来入ってくる収入がある程度「予測」できるので、 目先の心配が大幅に減って、 安心して先のことに取り組むことができます。 そうなれば例えば、 新しい商品を作るために時間やお金を使うこともできますし、 新しく優秀な人材を雇って事業を拡大したり、 あなたの右腕になれるようにじっくり育てることもできます。 あるいは一気に投資をして「会員数」を増やすこともできますし、、、 たまには仕事のことはすっかり忘れて、 南の島でゆっくりすることもできるでしょう。 なぜなら次の月も、 またその次の月も、 どれくらいの収入が入ってくるかが 「既にわかっている」からです。 もしあなたが、 定額サービス 会員制の飲食店サービス ソフトウェア アプリ メンバーシップサイト 有料メルマガ コミュニティ・ビジネス などの会員制ビジネスを立ち上げ、今年中に軌道に載せたいなら、、、 今月の新刊本 「シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術」 を試してみてください。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/1ptAlEYo/  
心理学で英会話力UP
2016年06月20日 更新
「心理学で英会話力UP」そんなわけないだろ! って思いますよね。でも、これが ANAの元同時通訳で、 現名古屋大学大学院の講師が 言っているわけですから、 興味ありますよね。 勤勉な日本人が なぜ、英語の勉強をしても 話せるようにならないのか?その理由がここで明らかにされています。 http://directlink.jp/tracking/af/1447667/CqwhXgjN/

見込み客を一気に獲得するちょっとズルい方法
2016年06月17日 更新
あなたならどうしますか? ちょっとだけ、考えて欲しいのですが、、、 あなたは「夜の店」のオーナーを対象としたビジネスをしています。 つまり、ちょっと高いお金を出して、 お酒を飲んでおしゃべりするような、そういう店に、 商品を売り込みたいと思っています。 そのようなお店の「幹部」。 あるいは「オーナー」「社長」。 そのような意思決定ができる人と知り合って関係を築き、 商品を買ってもらいたいのです。 さてあなたならどうしますか? どうやってそのような人と知り合いますか?? 飛び込みでお店に行きますか? 営業マンを行かせますか? それともDMを送りますか? インターネットを使って、 相手が見つけてくれるのを待つ、という方法を取りますか??? ・・・ ・・・ ・・・ 紹介の連鎖が永遠に続く 「マル秘 人脈活用術」にはこうあります。 P.61 ==== あなたのターゲットを確実に見つけるには、別の方法もある。 それは、”隣接業種で働いている人”とコンタクトを取ることだ。 例えば、住宅ローンの営業マンであれば、 不動産仲介者協会の人間を探せば、 仕事を数多く紹介してもらえるようになる可能性がある。 不動産仲介者協会の人たちは日々、 ローンを組んで家を購入することを考えいてる人たちを相手にしているからだ。 ==== さらにこの本の著者は、 「教師」というニッチな市場を狙う場合、 もし教育委員会の会長と知りあえば、それがベストだが、、、 それができなかったとしても、 社会事業や社会活動に携わってみる。 つまり、見込み客になりそうな人や、 見込み客になりそうな人を「たくさん知ってそうな人」が集まる場所がどこか、 考えてみる。 という方法を推奨しています。 さて。 では最初に言った「夜の店」にはどうやってアプローチすればいいでしょう? 意思決定のできる人物と知り合うには、どうすればいいでしょう? そのような人脈を「一網打尽」にするには、 どのような”隣接業種”と接触すればいいでしょう? 答えは無数にありますが、 そのひとつは「オシボリ業者」です。 「夜の店」では毎日大量のオシボリが使われていて、 ほぼ全ての店で、どこかしらのオシボリ業者と取引があります。 ということは、 オシボリ業者との「深い人脈」を築くことができれば、 そこから一気に、本当のターゲットである「夜の店」を紹介してもらえる 可能性ができるということですね。 もちろん、やり方を間違うと反感を買うので慎重に、、、 米国大統領も学んだ「正しい人脈活用の方法」はこちら。 「マル秘 人脈活用術」 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/1i55UnJk/ 62ページを開けば、 ”隣接業種”についての想像力を働かせる方法もわかります… ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/1i55UnJk/
この魔法のスキルは何!
2016年06月16日 更新
このスキルは何でしょう? 一度、これが身に付くとこんな力が手に入ります。 たとえば、、、 マーケティングやセールスコピーライティングの反応を劇的に高める、 大勢の見込み客や従業員をモチベートして動かす、 書いた記事をネット上で一気に拡散(シェア)させる、 営業での成果を上げる、 プレゼンテーションで人を魅了する、 「話が面白い」という印象を与え人に好かれる、、、 さてこれは何でしょうか? このスキルはたくさんのエピソードで知られるように 想像を絶するほどのリターンがあります、、、 にも関わらず、そのスキルは過小評価され、 一部の専門家のためのものだと勘違いされ、 ほんの僅かな人しかそれを習おうとしません。 さて、これは何でしょうか? ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/tNqnLJHX/ 

2016年06月14日 更新
「もし絶対に失敗しない保証があるなら、 仕事でやってみたいことは何ですか?」 もし、こう聞かれたらどう答えますか? 何をやっても絶対に失敗しないんだったら、 たった1度の人生で、 経営者としての人生で、、、 どんなことをやってみたいですか…? イメージしてみてください… ずっと叶えたいと思っていることは何だろう? チャレンジしてみたいと思っていることは何だろう? やり遂げたら、 自分の子供が自分を誇りに思ってくれるようなことは何だろう? 「お金のため」以外に働く理由は何だろう? なんで、社長になったんだっけ? 夢はなんだっけ??? ・・・ さて、、、 少し考えて頂いたと思いますが、 この「答え」が何なのかは、 実は今日の本題とは関係ありません。 もちろん、じっくり考える価値のある、 とても素晴らしい「質問」ではあるのですが、、、 この「質問」。 初対面の人と絆を作るのにとても有効な質問なんです。 新刊本「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」によると、 これは「フィール・グッド・クエスチョン」と呼ばれる質問の一つ。 フィール・グッド=気分が良くなる つまり、相手が答えるのが楽しくなるような質問をなげかけることで、 相手との距離を短時間で詰めるというテクニックです。 交流会や懇親会で名刺交換をし、 お互いの気持ちがほぐれたところでこういった質問をする。 そうすることによって、 === 人はみな、夢を持っている。 目の前の相手の夢は何だろうか? この質問は、相手に空想にふける機会を与える。 向こうはきっと、訊いたあなたの心遣いに感謝するはずだ。 「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」 P.37 http://directlink.jp/tracking/af/1444246/1i55UnJk/ === というわけですね。 さて冒頭に戻って。 あなたなら、 「もし絶対に失敗しない保証があるなら、 仕事でやってみたいことは何ですか?」 こう聞かれたらどう答えますか? PS 「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」には、 全部で10のフィール・グッド・クエスチョンが書かれています。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/1i55UnJk/ ※「2個か3個の質問をするのが効果的(P.36)」  
広告の反響が悪い時、プロが最初にすること
2016年06月13日 更新
広告やチラシ、ホームページの反響が イマイチ悪い、、、 そんなとき、 「見出し」の1行を変えるだけで、 その反響が2倍3倍になるとしたらどうしますか? 実はそれは「よくある」ことなんです。 広告の権威の中には、 ”見出しで8割決まる” と言っている人もいるぐらい 見出しの影響は大きいもの。 ちょっとこの例を見てください。 これはあるお菓子屋さんの広告見出しの例です。 現代広告の心理技術101 P154 ===================== (悪い例) 当菓子店の最新の逸品を試食してください! ↓ (良い例) チョコレート好きのみなさんへ。 3キロのファッジ・デビル ボルケーノ・パイにかぶりつこう。 もちろん無料! ====================== こんな風に、ちょっとした変更で 簡単に改善できることがよくあります。 そしてちょっとした変更で 広告の反響は驚くほどかわるのです。 この本には、もっとたくさんのサンプルと、 どうやってそういった見出しを作るかのステップが載ってます。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1444246/E79XLWBn/ 「現代広告の心理技術101」  

ページトップへ▲
当社は「奥州市どっと!こむ。」に参加しています。